a0079759_2259770.jpg


バレンタインに娘と作りました。
簡単、チョコトリュフ。チョコレート、生クリーム、洋酒、ココア、粉糖。これだけで作れます。
生クリームの分量が多ければ、よりクリーミィになります。要するに分量は割と自由、ということが、作ってみて分かりました。
まずはご近所のお友達に渡し、もう一回作ってパパとお兄ちゃんに渡し、もう終わりかなと思っていたら、昨日また作っていました。(去年卒園した)幼稚園の先生にあげたいと言って・・・。
3回目の昨日は殆ど一人で。私は離れたところで見守るだけで大丈夫でした^^。

先日、娘から手紙を貰いました。
私は、英語ボランティアとして、低学年の英語の授業のお手伝いに行っているのですが、今年度最後の授業の時に・・・。授業中、ホイっと紙切れを渡されて、その時は授業中だったので^^;、なにかしらと思ってとりあえずバッグにすぐしまっておいて、家に帰って見てみると、娘からの手紙でした。
「英語の授業とても楽しかったよ」とか「みんなも英語は楽しいって言っているよ」などなど。
[PR]
a0079759_839227.jpg

娘がスイートポテトを作っています。
学校で、スイートポテトを作って帰ってきた、その日、もう一回作りたい!と、作り始めました。
学校では、薩摩芋をマッシュして、砂糖を入れただけのようですが、ラム酒とシナモンを少し入れてみようか、と、ちょっとだけグレードアップ?
[PR]
# by eikoAAA | 2013-02-19 08:42 | family
a0079759_838127.jpg


昨日は小学校でなわとび大会でした。
最初に、一人一人、自分の好きな飛び方でなわとびを披露します。娘は、二重とびをびゅんびゅんと飛んでいてびっくり^^。冬休み中に練習していた時には、二重とびは、連続で2回までが精いっぱいだったのに・・・。小学校には、なわとび用に飛び板を設置してくれているのですが、そこで練習していたようです。

個人演技の後は、クラスを半分の人数に分けて、連続で飛んでいく長縄跳び。3分制限で回数(人数)を競います。
娘は、背が小さいのに、縄を回す係担当。一生懸命まわしていました。来年、ちゃんと飛べるかな。本人いわく、飛ぶ方も大丈夫とのことでしたが^^;。
息子の学年は、4年生というだけあって、かなり早い速度で縄がまわり、みんな背中を丸くして、次から次へと間をおかずに縄をくぐっていきます。引っかかる子もいず、練習中の記録を上回ったようでした^^。大喜びしている姿、かがやいていました。

先日、4年生向けに、学校で「命の授業」がありました。
学校から帰ってくるとすぐに、ランドセルから、「命の授業」で頂いてきた、ハートに切りぬいたピンクの折り紙を出して見せてくれました。針で穴が一つあけてありました。受精卵は、こんなに、最初は小さいんだよ、と教えてもらったようです。受精をして、それが育って赤ちゃんになる。そこまでになるのには、いろいろくぐり抜けた末のことなんだということを教えていただいたようです。
自分という人間が、そうやって生まれたのだと分かり、とても嬉しそうな息子の顔が印象的でした^^。
[PR]
# by eikoAAA | 2013-01-24 08:55 | family
今年もよろしくお願いします。
a0079759_23285190.jpg

初詣は、今年も袋井市の法多山へ。少し遅めの時間に出掛けます。そうすると、混雑も、少しはおさまっているので助かります。
写真は、法多山の名物、おだんごチケットを買っているところ。
赤い着物は、お宮参りの初着をお直ししたものですが、どうやら来年はもう小さくなってしまいそうです。
来年は着物を新しく作ろうと思います。

年が明け、私は、サンタさんが息子にと届けてくれた水槽と金魚の世話におわれています^^;。いえいえ、私が一番楽しんで癒されているかも・・・!
大きな水槽が二つ並び、一つは金魚。もうひとつは、息子が近所でとってきたいろいろな魚達^^。
[PR]
# by eikoAAA | 2013-01-10 23:36 | family
今年は、クリスマスツリーを出すのも遅くなってしまいました。
そしてあっという間にクリスマスイブ。

クリスマスケーキ、今年は、今まで使っていたレシピをちょっと変えて作りました。とても美味しく、生クリームともいい感じでなじみ、子供達も喜んでくれました。

サンタさんの存在を、半信半疑で、でもやっぱり信じている感じの小4の息子。
習い事の先生に、「サンタさんはパパとママなんだよ」と聞いてきて^^;、お風呂のなかで、私に聞いてきました。
「やっぱり、本当は、パパとママなの・・・?」
内心焦りつつ・・・
「ママは、サンタさんじゃないよ~。でも、もしそうだとしても、〇〇(長男)にとってのサンタさんはいるってことだよ^^!」
と答えると、
「あ! そうかぁぁぁ。そうだよね^^」
と納得した感じでした。
そして、今年はサンタさんに初めて手紙を書いていました。
住所、電話番号を教えてください、とか・・・。毎年ありがとうという言葉とか・・・。
夜、お返事を書いておいたら、「返事がきた~」と喜んでいました^^。

子供達は、ピアノコンクールの本選も終わりました。娘は、「これが本番ですよ~!」と声をかけたくなるような気合いの入らない(笑)弾き方で、ぎりぎり通過。息子は、気持ちの入ったいい演奏で、また素晴らしい賞をいただけました。がんばったね^^。
[PR]
# by eikoAAA | 2012-12-28 08:43 | family
a0079759_15264480.jpg

先週、小学校で持久走大会がありました。

今年は、家であまり練習することもなく、雰囲気はあまり盛り上がらないままでしたが^^;、息子は15位とがんばりました。
娘は、後ろから数えた方が断然早いという順位^^;。お兄ちゃんにくっついて走り回っているわりには、のんびりでした。走っている途中、声をかけて応援すると、その時だけ、ドドドっと走って数人抜かし、またのんびり、という感じ^^;。知り合いのパパさんも、娘に声をかけてくれたそうで、「声をかけた時は、すごく早く走ってたよ~。みんなで、あちこちで声をかけたら、娘ちゃん、1位とれますよ(笑)」と、的を得た指摘に笑ってしまいました^^。走ること自体は嫌いではないようなので、その点はよかったなあと思います^^。

持久走大会の後、娘たち一年生は、教室で、お友達やお父さん、お母さんのために、お店やさんを開いてくれました。みんな笑顔が素敵でした。
[PR]
# by eikoAAA | 2012-12-06 15:35 | family
a0079759_10293592.jpg

マヨネーズを絞ってから焼くマヨネーズパン。
正式に?パン作りを習い始めた時に最初に習ったパンです。これを焼くと、その頃を思い出します。

最近、このマヨネーズパンを何か他の成型でやってみようかなあ、なんて思ったりもしますが、今のところ、やっぱりこの形が一番です。
[PR]
# by eikoAAA | 2012-11-15 10:32 | Bread
a0079759_104789.jpg


掛川祭が終わりました。
今年は、3年に一度の大祭りで、4日間の開催です。金曜の夜から月曜の昨日まで、楽しみました^^。

息子は、4日間、休まず屋台につき、相当な距離を歩いただろうと思います。今日から学校ですが、今朝は目を覚ますのに時間がかかりました^^;。
4年生にとっては今年初めての小太鼓も、楽しんでいました。「屋台下」というお囃子が、多分、叩いていて一番楽しいようで、「屋台下!」と号令がかかると、ニヤっと笑って背筋を整えていました。
写真の右側で叩いているのが息子です。普段も、こんないい姿勢だといいんだけど^^;。

娘も、1年生になった今年から、太い綱を曳くことができます(去年までは、屋台の前を行く、万灯という小さな屋台?みたいなのを曳いていました)。左右に練り歩くときは、綱にもてあそばれていたような感じの時もありますが、がんばって綱を握っていました。
そして、時々、この写真のように・・・

a0079759_10134083.jpg


近所のお父さんに肩馬してもらってじゃれたり・・・。

今年は、初めて、私は、屋台の手木(屋台を引っ張る頸木のこと)に入れてもらいました。初めてだったので、勝手が分からず、でもやってみたら、コツが少し分かったような気がします^^;。いや、でも難しい^^;。

子供達、もう少し大きくなると、屋台をひくのも面倒~って思っちゃったりする年齢にもなるのかなあと思うと、今のうちに楽しんでおかなくちゃ!と思います。
[PR]
# by eikoAAA | 2012-10-09 10:20 | family
a0079759_1342630.jpg


おやつに簡単ケーキを作りました。ネットで見つけたレシピですが、プリンのような、粉の少ないホットケーキのような・・・?
ちょっと不思議な食感でした。

昨日から、掛川祭が始まっています。
1年生になった娘は、今年から踊りを、4年生になった息子は初めて屋台で太鼓をたたきます。
2人とも、ちょっと気が引き締まって、でも嬉しそうな、そんな表情でした。

ちょっとスーパーに行くのにも、いろいろな町の屋台に出会って回り道をしたり・・・。
お囃子が遠くに聞こえてくるのもいいものです。
[PR]
# by eikoAAA | 2012-10-06 13:08 | sweets
a0079759_19373078.jpg

先々週だったかな、御前崎に釣りに行ってきました。
1年に、数回、気が向いたときに釣りに行きます。

親も子も、段々慣れてきて、息子は一人で任せても安心だし、飽きることなく、ひたすら釣り糸を垂らしていました。
娘も一人でサビキ釣りのカゴにエサを詰めて一人で釣れるようになってきました。
娘は、近くで釣っている方々に声をかけて仲良くなるのも得意。今回は、最後は、見知らぬおばさまの隣に座って釣りをしていました。もちろん、私たちの目が届く範囲で・・・^^。
今回は、あまり釣れず、「そろそろ帰ろうか」という主人の声に、息子は「もう一匹釣れるまで・・・」と粘ります。なかなか釣れませんでしたが、最後の最後に、主人の釣り糸に、大きな魚がかかってくれました!
[PR]
# by eikoAAA | 2012-09-27 19:44 | family