一泊保育

17、18日は、息子の幼稚園の一泊保育でした。
年長さんの夏の一大イベントです。昨日の朝9時に息子を幼稚園に送ってバイバイ~^^。
息子たち年長さんは、川でいかだ遊びをし、温泉に入り、幼稚園に戻ってカレーを食べ、おばけ屋敷、キャンプファイアーをして、クラスごとに教室で寝ます。
年長の学級委員のお母さんたち、役員の方々、有志のお父さん達が、分担してお手伝いをします。事前のいかだ作り、川遊び、お風呂、夕食の配膳のお手伝い等々・・・。うちの主人も、キャンプファイアーのお手伝いです^^。

息子は、一度も一人で寝たことがなく、寝るときは、いつも絵本を聞きながら・・・。
でも「友達と一緒だから大丈夫だよ」と言っていたので、あまり心配はしていませんでした。
決められた日に用意しなければならない着替えや布団の準備をしっかりしなくては・・・というプレッシャー(?)も大きくて、昨日の朝、息子を送ったときは、「ふ~、これで一安心。」という安堵感のほうが大きくて、息子としばらく離れるという寂しさは少しだけでした^^;。
一泊保育の間は、学級委員、役員さん以外の父兄はもちろん参加できません。ただ一つ、キャンプファイアーだけは家族が見に行けるというので行ってきました。
a0079759_21221134.jpg

役員さん扮する「火の神」が登場して盛り上げてくれます。
火のまわりを子供達が踊りながらまわって、最後に花火をして(お手伝いパパさんココで登場~)、さて、いよいよ子供達と別れて家に帰ります。
息子は見に来ていた私と娘のところに寄ってきてギュ~っとハグ^^。
そして娘に一言「にいに(お兄ちゃん)は幼稚園で寝るからね、いい? 〇〇ちゃん(娘)」
そして娘の頬に自分の頬をギュ~っとくっつけてハグ。
横にいた私、ちょっと涙が出そうになってしまいました。
息子は、そのあと、花火の手伝いに来ていたパパとも会ったようで、そのときには
「パパ、火傷しなかったぁ?」と心配して気遣ってくれたそうです。パパもウルっと(したかどうかわ分かりませんが・・・^^;)。
家では、息子のいない夜を・・・とゆっくり過ごしている時間もなく、娘を寝かしつけ、普段の夜に・・・。
翌日は、朝9時に幼稚園にお迎え。早い・・・^^;。
どんな顔をして帰ってくるかなあと思ったら、なんとなく普通でした^^;。
夜は、先生の声でよく眠れなかった・・・そうで、起きたり寝たりを繰り返していたようです。
川遊びは、沢蟹が獲れなかった・・・という感想。
楽しかったのは、おばけ屋敷。「紙で作ったこうもり」が飛んでいたり、「ダンボールで作った一反もめん」がいたり・・・。「すなかけばば」はアメをくれたそうです(すべて本人談、本当のところは分かりません^^;)。息子は、小さい頃音に敏感で、シアターなど音の大きい場所は全くダメでした(きっかけとなったのは、万博のシアターの大音量です^^;)。今回、おばけ屋敷でショックを受けて、あの時のようになってしまうとイヤだなあと思い、少しだけ、オバケ屋敷のタネあかしをしておいたので、「紙で作った・・・」とかいうのは分かったようです。でも、当然何も知らずにいた子もいたわけで・・・。先生がオバケ役だなんて全く知らずに入った子もいるんだからすごいなあ~^^。
おつかれさま^^!

お兄ちゃんがいない間、娘はプール遊び^^。
a0079759_22134418.jpg

でも、朝起きたときにお兄ちゃんがいないということに気づいた娘。泣いちゃうんじゃないか・・・という表情を一瞬見せ・・・やっぱりさびしいのだなあと思いました。
[PR]
by eikoAAA | 2008-07-18 22:10 | family