なわとび大会

a0079759_838127.jpg


昨日は小学校でなわとび大会でした。
最初に、一人一人、自分の好きな飛び方でなわとびを披露します。娘は、二重とびをびゅんびゅんと飛んでいてびっくり^^。冬休み中に練習していた時には、二重とびは、連続で2回までが精いっぱいだったのに・・・。小学校には、なわとび用に飛び板を設置してくれているのですが、そこで練習していたようです。

個人演技の後は、クラスを半分の人数に分けて、連続で飛んでいく長縄跳び。3分制限で回数(人数)を競います。
娘は、背が小さいのに、縄を回す係担当。一生懸命まわしていました。来年、ちゃんと飛べるかな。本人いわく、飛ぶ方も大丈夫とのことでしたが^^;。
息子の学年は、4年生というだけあって、かなり早い速度で縄がまわり、みんな背中を丸くして、次から次へと間をおかずに縄をくぐっていきます。引っかかる子もいず、練習中の記録を上回ったようでした^^。大喜びしている姿、かがやいていました。

先日、4年生向けに、学校で「命の授業」がありました。
学校から帰ってくるとすぐに、ランドセルから、「命の授業」で頂いてきた、ハートに切りぬいたピンクの折り紙を出して見せてくれました。針で穴が一つあけてありました。受精卵は、こんなに、最初は小さいんだよ、と教えてもらったようです。受精をして、それが育って赤ちゃんになる。そこまでになるのには、いろいろくぐり抜けた末のことなんだということを教えていただいたようです。
自分という人間が、そうやって生まれたのだと分かり、とても嬉しそうな息子の顔が印象的でした^^。
[PR]
by eikoAAA | 2013-01-24 08:55 | family